『証言 連合赤軍 -11-』発刊、山本直樹先生が一部分に参加

『レッド』のある意味ネタ本とも言える、『証言 連合赤軍-11-:離脱した連合赤軍兵士ー岩田平治の証言』(連合赤軍事件の全体像を残す会編)が発刊されました。某護国寺にある出版社の重役会議室にて行われた、連合赤軍兵士・岩田平治氏(もちろん『レッド』にも登場)へのインタビューが掲載されています。発言は少ないですが、山本直樹先生も参加しております。私の手元にまだ本がなく、他人のツイートの引用で恐縮ですが、以下のような表紙です。

まだアマゾンなどでは取り扱っておらず、公式サイトの情報も更新されていないようですが、近いうちには流通するのではないでしょうか。流通元は皓星社、ISBN 978-4-7744-0632-9と伝えていただければ、一般書店からも注文できます。なお、公式サイトに掲載されている取り扱い書店3店のうち、2店が廃業したため、現在は実店舗は新宿の模索社のみの取り扱いとなります。公式サイトからの直販も可能(1000円+税、送料無料)。

http://renseki.net/202010.htm

なお、連合赤軍事件の全体像を残す会と山本先生に関連する情報を、もう少ししたら発表できると思います。

東京新聞朝刊4/13 漫画家・山本直樹さんに聞く 掲載

東京新聞の朝刊に山本直樹先生のインタビューが掲載されています。内容は共謀罪によって表現の自由が明かされることへの懸念についてです。山本直樹先生は東京都の有害図書指定についても、都庁に赴いて懸念を表明したことがあります(有害指定をした検討資料に、絵は綺麗と評されていたことはファンには有名ですね)。

東京新聞は主に首都圏でしか買えませんが、バックナンバーを注文することはできるようです。前文のみ、東京新聞のサイトで読めます。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017041302000137.html

イブニング 2017年 4/25号 発売(『レッド 最終章 あさま山荘の10日間』第3回掲載)

バックデートでの情報掲載で大変恐縮ですが、『レッド最終章 あさま山荘の10日間』第3回が掲載されている、イブニング2017年4/25日号が発売されています。

ところで、「学生 島耕作」なんてやっているんですね。ちょうどレッドの世代ではないでしょうか。

ニゲルカ(山本直樹先生参加ユニット)今夜、ラプソディー下北沢に出演

山本直樹先生が定期的に音楽活動をされていることは有名ですが、今回はあのゲルニカの楽曲をほぼ完コピするユニット、ニゲルカ(山本直樹、葛岡みち、maruse)にて、本日、下北沢のライブバー・ラプソディー下北沢に出演します。山本先生はヴォーカル以外にも自作のフリップなどを披露するので、ご興味のある方は足を運ばれてみてください。

公演日
2017/03/29(Wed) OPEN 19:00~/START 19:30~

出演アーティスト
楽団エウロパZ/二人静/ニゲルカ/ DJ:hb

チャージ
MUSIC CHARGE:前売り¥2,000-/当日¥2,500-+別途¥1,000分drink券(スナック付き)
※チケット予約:各出演者HPにてご予約下さい。

 

アコースティック ライブバー ラプソディー下北沢
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-1-7 ハウジング北沢ビルⅡ5階 TEL & FAX 03-5656-3511

イブニング 2017年 4/11号 発売(『レッド 最終章 あさま山荘の10日間』第2回掲載)

『レッド 最終章 あさま山荘の10日間』の第2回が掲載されている、イブニング4月11日号が3月28日に発売されました。今回の連載も毎号掲載のようです。

電子書籍版はこちらから。様々な電子書籍プラットフォームで発売されているようです。
http://densho.kodansha.co.jp/search_keyword.html?keyword=%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%80%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%97

イブニング 2017年 3/28号 発売(新連載『レッド 最終章 あさま山荘の10日間』掲載)

本日14日は、イブニング 2017年 3/28号の発売日です。レッドシリーズの最終章となる『レッド 最終章 あさま山荘の10日間』がいよいよ掲載開始です。巻中カラーとのことです。戦後日本史上に残るあさま山荘事件にいよいよ踏み込みます。『ビリーバーズ』『安住の地』には、あさま山荘事件のオマージュが含まれていますが、その元ネタがこれから描かれるのでしょうか。楽しみです。

なお、よく雑誌ではなく単行本化されてから購入したい、という方がいらっしゃいますが(管理人もその一人ですが)、山本作品では単行本化時に加筆修正が加えられるので、両方をコンプリートしたいという方は雑誌の購入もお勧めします。

山本直樹先生がアルバムをデザインした“水中、それは苦しい”の全国ツアー展開中

山本直樹先生と交流の深い、ジョニー大蔵大臣率いるスリーピースバンド・水中、それは苦しいのレコ発ツアー『水中見舞いツアー2017』が3/11より始まりました。山本先生は、アルバムジャケットのイラストレーションを担当。同バンドのセクシーパスタ林三がヴァイオリニスト、ということでこの絵がデザインされたのでしょう。同じ絵を用いたツアーグッズ(Tシャツ、トートバッグ)も発売中です。通販も開始しています。

ツアースケジュールは以下の通り(すでに終了した公演を除く)。

2017年3月

3/12() 名古屋 今池 TOKUZO (水中)
3/18(土) 島根 松江 NU (水中)
3/19() 広島 SLOW DOWN  (水中)
3/24(金) 東京 青山 月見ル君思フ (水中ワンマン!)
3/26() 滋賀 彦根 cocoza (ジョニーソロ)
3/27(月) 京都 SOLE CAFE (ジョニーソロワンマン!)

2017年4月

4/1(土) 鹿児島 Speed King (水中)
4/2() 福岡 渡辺通 gigi (水中)

2017年5月

5/3(水・祝) 金沢 近江町 メロメロポッチ

2017年6月

6/24(土) 埼玉 熊谷 HEAVEN’S ROCK (水中SP4人編成)水中正式メンバーに変更の可能性あり

Liveスケジュールを見ると、まだ追加されそうなように見えます。
チケット予約は公式サイトから。

山本直樹先生「浦沢直樹の漫勉」に出演(Eテレ 3月16日22:00〜)


http://www.nhk.or.jp/manben/

浦沢直樹先生の人気番組、「浦沢直樹の漫勉」に山本直樹先生が出演されます。放映日時は3月16日(木)午後10時から、Eテレにて。再放送は3月19日25時10分から。おそらくフルデジタルで作画をする漫画家の登場は初めてではないでしょうか。

なお、山本先生は作画に「Aldus SuperPaint」という相当昔のMacペイントソフトを使っており、これは現在のmacOSでは動かないため、息子さんにOS 9.2が動く仮想環境を構築してもらい、ようやく最新のMacで作業できるようになったというものです。画素数も通常の商業印刷で必要とされるよりも低く……詳しくは番組を見てのお楽しみですね。

 

再開のごあいさつのようなもの

個人ホームページ黎明期よりあった旧yamamotonaoki.com。諸事情により更新が滞っていたところ、2016年に現管理人にドメインが移管(というより、元管理人が更新忘れて失効して現管理人が取り直し)したのを機に、再開……するまで1年ぐらい放置してたのですが、この度、ようやく再開の運びとなりました。

今後は、山本直樹先生に関するニュースや、作品リストの再掲載、また旧サイトに掲載していた独占インタビューの再掲載を予定しています。何卒よろしくお願いいたします。

ちなみに、いまだに作者非認知です。